家族のみでアットホームな手作り結婚式「アルコラッジョ マリエール」

はじめは挙げるつもりがなかった結婚式…

相手が二回目の結婚と言うこともあり、友人も呼ぶことが出来ないということだったので、結婚式には後ろ向きでした。

私は1人娘で箱入りと言うこともあり、大事に育てられてきたほうだと思います。

親にお金もないし、バツ一の旦那なのでと説明して、結婚式は挙げないと言うことを告げると、とても残念そうな反応でした。

そんな時、実家のある結婚式場でキャンペーンをやっていると言うことで、気軽な気持ちで応募のボタンを押しました。

まさかアルコラッジョ マリエールのキャンペーンに当選!

その後しばらくすると、知らない電話番号から電話がありました。出てみると、なんと、結婚式のキャンペーンに当選したと言うことでした。

無料ではないものの、かなり安く結婚式があげられるということ。

まさかの電話に、結婚式は挙げない方向で動いていた旦那に連絡すると、乗り気ではなかったものの、一度話を聞いてみようと言うことになりました。

アルコラッジョ マリエールの式場に行ってから実際に話を聞いて

実際話を聞いてみると、期限も限られていたのですが、それも考慮して少し延長してくれると言うことでした。お互いの両親に相談すると、とても喜んでくれました。そこで、諦めていた結婚式を、身内のみで挙げることを決めました。

結婚式場の方の対応もよく、お金がない中でも、これくらいの予算なら挙げられると思い、後日お願いすることにしました。

手作り感満載の結婚式に向けて

半年ほどあった準備期間の中で、今すんでいるところと、実家のほうが遠いと言うことで、式までの打ち合わせも3回ほどに絞ってもらいました。

お色直しはしない分、小物で変化をつけたりすることにし、服飾系の学校に通っていた私としては、100円均一や激安のパーツ屋さんや布屋さんを駆使して楽しみながら自分の趣味の小物を作ることに没頭しました。

暇があれば何か小物を作成し、ウエルカムボードからヘッドアクセ、サッシュベルト、招待状までほぼほぼ手作りでした。

アルコラッジョ マリエール結婚式当日は

家族のみの式で、私達が家族をおもてなしすると言う方向で歌って登場したりと、家族が笑顔になったとてもいい式をあげることができました。

お互いの両親からも大絶賛で、一生の思い出に残る、あたたかな式に大満足でした。式場の皆様との縁に感謝でした