千葉県富里市のエスポワールで6月の挙式

梅雨の時期のエスポワールで結婚式。当日の天気は…

私達が結婚式を挙げたのは6月。

梅雨の時期でしたから、結婚式の1週間前から当日まで毎日天気予報とにらめっこをしていました。結婚式当日、天気予報はくもり時々雨。

ガーデンがとっても素敵なゲストハウスを選んだので、何とか天気がもってほしいと思いながら式場まで主人と向かいました。

式場の方に手伝っていただき身支度を整え、いよいよ挙式が始まる時間になりました。

外を見てみると曇ってはいるものの雨は降る様子がなく、とりあえずホッとしたのを覚えています。

エスポワールで思い出に残る挙式

夫婦共に人生で最も緊張した場と言っても過言ではないくらい緊張した入場。ドアが開くまでの待機時のあのドキドキ感、言葉には表せない程でした。

そしてドア係のスタッフの方に「いってらっしゃいませ」と言われた瞬間ドアがパーっと開き、ゲストの方々のお顔と「可愛い~」と言って下さっている声が聞こえ、嬉し恥かしい感じがしました。

こだわりの結婚式は人前式

ずっとやりたかったダーズンローズの儀式から始まり、誓いの言葉では私達らしく笑いをとることができました。

後で式場から送られてきた写真のデータの中から、挙式でゲストの方達も笑って下さっている写真を見つけて、この挙式が出来て本当によかったと思いました。

新郎新婦が退場するときに、上からフワ~っと羽根を降らせるという演出もしてもらいました。ただ、こちら側の提案で式場にはそのような道具は無かったので、2階の見えないところから担当のスタッフの方に

うちわで羽根を仰いでもらい、舞い上がらせて降らせるというアナログな方法でしたが。こちらも思い通りに出来てとても嬉しかったです。

そして退場時にドアが開いた瞬間、思わず「わぁ!」!と声が出てしまいました。曇り時々雨という天気予報でしたが、外はなんと晴れていたのです。

その後も外でブーケトスや写真撮影をしていましたが、暑いくらいに晴れてくれていました。後でスタッフの方や両親に言われたのですが、1日を通して晴れていたのはそのときだけだったそうです。

写真で見ても、ドアから差し込む明るい光に包まれて嬉しそうな顔をしている私達が写っていて、何とも幻想的な感じだと思いました。

ゲストに楽しんでもらうためのフルコースディナー

ここまでは、私たちが楽しむための結婚式です。せっかく来ていただいたゲストの皆様にも楽しんでもらうため結婚式で振舞われるコース料理は自分たち的には奮発しました!

ブライダルフェアの試食では、細かいところを何度もチェックして、本当に美味しいと思えるフルコースで揃えることができました。

その中でも伊勢海老のバター焼きは、緊張していた新郎新婦の私たちでも飛びつくぐらい美味しかったです。

たくさんの手作りを詰め込んだこだわりの結婚式。準備は本当に大変でしたが、最高の思い出が残る幸せな1日となりました。

いつか自分達の挙げた大好きな結婚式場で、我が子が挙式披露宴をしてくれたら…と夢を見ています。そのときには本人以上に、私が張り切ってしまいそうです。

ホテル横浜ガーデンで笑いあり涙ありのオーソドックスな結婚式を

「派手じゃない控えめな結婚式がしたい」
結婚式をするにあたって最初に決めるのが式場です。私はできれば控えめな結婚式がしたかったんです。

言葉にすると難しいのですが、広々とした豪華な式場というよりは、こじんまりした、でも人を十分に呼べる空間のある式場を探していました。

よく、友達の結婚式で会場に着いたはいいけど、同じ日に結婚式を挙げる人がたくさんいて人がごった返すというような式場は嫌だなと常々思っていました。

チャペルもできれば爽やかな感じが良いなと思って探していました。

そして見つけたのがホテル横浜ガーデンでした。

 

 

横浜ガーデンは、割とこじんまりしていて、実際私が挙げた日も、同じ時間帯はもう一組しかいませんでした。

そしてチャペル。最上階にチャペルがあるのですが、壁も椅子も全てが真っ白ですごく爽やかな感じが気に入りました。

ホテル横浜ガーデンの結婚式はまさに笑いあり涙あり

結婚式当日は想像していたよりもあっという間で、そしてとっても楽しかったです。

私より先に結婚式をしていた友達は、式当日にこんなことをしていたんだなぁと感慨深く思いました。

挙式ではチャペルに入るとき、父が一礼するのを忘れてしまったり、ドレスが重くて前に進めなかったり。私が誓いの言葉を間違ってしまったりして笑いがおこったりしました。

親族側は緊張しまくりでしたが、参列者の暖かい見守るような表情を見ていると自然と涙が溢れました。

そしてホテル横浜ガーデンの披露宴

入場のスタンバイができてから、オープニング映像を流してもらったのですが、そこで笑いが起きていて良い感じに会場が暖まったと思います。入場と同時に当たるスポットライト。

全く前が見えなくてどこに誰がいるのか分からない。みんなこんな経験してたのかーなんて思ったりしました。

祝辞では新郎側も新婦側も話がうまくて、結婚式が終わった後も、色んな人から祝辞が良かったと言われます。

ファーストバイトも夫婦の趣味をからめた変わったファーストバイトをしたので盛り上がったと思います。式場のスタッフさんにも協力いただいたので感謝しています。

その後も友達のスピーチが面白かったり、サプライズムービーがあったり。色んなところで笑いが起きていてほっとしましたし嬉しかったです。

最後は感謝の手紙を読み、参列者には泣いていただき笑、お義父さまからの挨拶がまた面白く、その挨拶は今でも参列した方の間で話のネタになるくらいです。とにかく笑って泣いて、楽しい結婚式を過ごすことが出来ました。

福岡での結婚式場探し ホテルレガロ福岡で30人の少人数結婚式

結婚式場は、ゼクシィの雑誌で探しました。私は関西の住んでいたために、福岡のことはよく知らなかったからです。

ホテルレガロ福岡は、公共的施設ですが誰でも使用できる格安のホテルです。結婚式を挙げた当時は、5周年プランとして結婚式で必要な物はすべて込みのプランが用意されていました。スタッフの方が親切で、最初に見学に行ったときに対応してくださった方が、担当者として結婚式当日までずっとサポートしてくださいました。

30人の少人数結婚式〜結婚式の前日に台風

結婚式の前日に、私と主人は福岡で待ち合わせをしていました。しかし、当日は台風と重なってしまい、お昼頃は飛行機や新幹線、電車、バスなどすべてがストップしました。夕方には解除されましたが、もし結婚式と重なっていたらどうなったのかなと思うと、ぞっとしました。結婚式は6月21日で梅雨は覚悟していましたが、まさか台風が来るなんてという感じでした。幸い結婚式当日は、晴天に恵まれました。

親族代表のあいさつ

親族代表の挨拶は、主人の父が行いました。あいさつ文は、私が書いたものです。新郎の父親だからあいさつするのはいいけど、文章は考えてくれと言われ、仕方がなく書くことになりました。友達の結婚式を見ていると、新婦や新婦の両親に対しての感謝の気持ちが表れて感動する場面なのに、私はそんなことは自分で書けません。がっかりして、冠婚葬祭の本を調べ上げ、無難な内容のあいさつ文を作りました。

ホテルレガロ福岡でまさかの落ち

結婚式での、親族のあいさつは義父のお辞儀で笑いを取ることになりました。まず、最初のお辞儀でマイクに頭をぶつけ、ゴンという音が会場中に響き渡りました。唖然とする親族一同と、笑いをこらえる友人達の姿を見て、つい私も笑顔になってしまいました。

そして、何事もなかったように、あいさつ文を読み始めた義父は大物です。そして、何とか読み終えてお辞儀をしたときにも、もう一度頭をぶつけました。これには会場中が我慢できずに、爆笑してしまいました。感動的な挨拶のはずが、おもしろいおじいちゃんになってしまいました。

2度同じ失敗をしても、何事もなかったように無表情で立っていました。

この出来事で、結婚式の感動はすっかり忘れてしまいました。きれいなドレスを着て、みんなに集まってもらえてうれしかったこと、みんなで笑って締めくくった結婚式でした。

12月に神社にて神前式!「報徳二宮神社」真冬の結婚式を挙げる事になりました!

彼と話し合って神社での神前式を挙げようと思い、9月初頭に私が高校時代から馴染みのあった地元の報徳二宮神社へ下見に行きました。

 

 

http://www.ninomiya.or.jp/

 

神社の中には初めて入りましたがとても厳かな雰囲気で私も彼も一目で気に入ったためそのまま申し込みをする事に。

しかし数日後に私の妊娠が判明し、暖かな春の日に結婚式を挙げる予定でしたが急遽12月に挙式をするようにプランを変更しました。

でも12月は思いの外晴天の日が多く、また小田原自体が温暖な地のためクリスマス付近に結婚式を挙げられるカップルも多いんですよというプランナーさんの言葉に救われました。

つわりでフラフラになりながら報徳二宮神社の打ち合わせへ

そして酷いつわりが始まりました。

挙式の打ち合わせで半月に一度、車で1時間かけて会場へ通う事になっていたのですがなかなか思うように身体が動かず彼とプランナーの方に任せて、打ち合わせの部屋にあるソファで横になり二人の話を聞いているだけしか出来ない事も何度かありました。

スタッフの方に肌掛けを貸してくれたりグレープジュースを持ってきてくれたりと色々気遣っていただき、人の温かさが身に沁みる時間でした。

つわりから回復し、ついに私、本領発揮!

10月下旬になるとつわりも収まり、ようやく本格的に打ち合わせに参加出来るようになりました。

私の職業はグラフィックデザイナーです。なので、自分の結婚式の招待状やウェルカムボードや座席カードなど、自分でデザイン出来る事は自分で製作したいという願望がずっとありました。

さらに私と夫はファイナルファンタジーという共通の趣味のゲーム繋がりで知り合ったため、それをテーマにした結婚式にも憧れていました。

なので今から自分で出来る事はやらせてもらおうと、無理のない範囲で夫やプランナーの方と相談して、毎日夜な夜な製作に勤しむ始まりました。

そして報徳二宮神社 挙式当日を迎えました!

挙式当日は、プランナーの方が言っていたとおり真冬なのにも関わらずとても暖かく秋の小春日和のような天候に恵まれたので、ゲストの方々にも寒い思いをさせずに済んでまずは一安心出来ました。

その後も神聖な神前式からガラス張りの広間での披露宴に順調に進み、親戚よりも友達をたくさん招待したアットホームな式だったため会場も同窓会のような雰囲気に溢れ、とても和やかで楽しいひと時を過ごす事が出来ました。

会場にBGMとしてさりげなく流したファイナルファンタジーのオルゴール曲やウェルカムボードの横に置いたキャラクターのぬいぐるみに気付いてくれた友達が盛り上がったのも嬉しかったです。

こうして想い出深い式を挙げることが出来て、今だに当時の写真を見ては楽しい気分に浸っています。

また神社での挙式はその後の子供のお宮参りや七五三の際にも同じ場所でお祝いをする事が出来るのがとても良かったと思っています。

家族のみでアットホームな手作り結婚式「アルコラッジョ マリエール」

はじめは挙げるつもりがなかった結婚式…

相手が二回目の結婚と言うこともあり、友人も呼ぶことが出来ないということだったので、結婚式には後ろ向きでした。

私は1人娘で箱入りと言うこともあり、大事に育てられてきたほうだと思います。

親にお金もないし、バツ一の旦那なのでと説明して、結婚式は挙げないと言うことを告げると、とても残念そうな反応でした。

そんな時、実家のある結婚式場でキャンペーンをやっていると言うことで、気軽な気持ちで応募のボタンを押しました。

まさかアルコラッジョ マリエールのキャンペーンに当選!

その後しばらくすると、知らない電話番号から電話がありました。出てみると、なんと、結婚式のキャンペーンに当選したと言うことでした。

無料ではないものの、かなり安く結婚式があげられるということ。

まさかの電話に、結婚式は挙げない方向で動いていた旦那に連絡すると、乗り気ではなかったものの、一度話を聞いてみようと言うことになりました。

アルコラッジョ マリエールの式場に行ってから実際に話を聞いて

実際話を聞いてみると、期限も限られていたのですが、それも考慮して少し延長してくれると言うことでした。お互いの両親に相談すると、とても喜んでくれました。そこで、諦めていた結婚式を、身内のみで挙げることを決めました。

結婚式場の方の対応もよく、お金がない中でも、これくらいの予算なら挙げられると思い、後日お願いすることにしました。

手作り感満載の結婚式に向けて

半年ほどあった準備期間の中で、今すんでいるところと、実家のほうが遠いと言うことで、式までの打ち合わせも3回ほどに絞ってもらいました。

お色直しはしない分、小物で変化をつけたりすることにし、服飾系の学校に通っていた私としては、100円均一や激安のパーツ屋さんや布屋さんを駆使して楽しみながら自分の趣味の小物を作ることに没頭しました。

暇があれば何か小物を作成し、ウエルカムボードからヘッドアクセ、サッシュベルト、招待状までほぼほぼ手作りでした。

アルコラッジョ マリエール結婚式当日は

家族のみの式で、私達が家族をおもてなしすると言う方向で歌って登場したりと、家族が笑顔になったとてもいい式をあげることができました。

お互いの両親からも大絶賛で、一生の思い出に残る、あたたかな式に大満足でした。式場の皆様との縁に感謝でした