12月に神社にて神前式!「報徳二宮神社」真冬の結婚式を挙げる事になりました!

彼と話し合って神社での神前式を挙げようと思い、9月初頭に私が高校時代から馴染みのあった地元の報徳二宮神社へ下見に行きました。

 

 

http://www.ninomiya.or.jp/

 

神社の中には初めて入りましたがとても厳かな雰囲気で私も彼も一目で気に入ったためそのまま申し込みをする事に。

しかし数日後に私の妊娠が判明し、暖かな春の日に結婚式を挙げる予定でしたが急遽12月に挙式をするようにプランを変更しました。

でも12月は思いの外晴天の日が多く、また小田原自体が温暖な地のためクリスマス付近に結婚式を挙げられるカップルも多いんですよというプランナーさんの言葉に救われました。

つわりでフラフラになりながら報徳二宮神社の打ち合わせへ

そして酷いつわりが始まりました。

挙式の打ち合わせで半月に一度、車で1時間かけて会場へ通う事になっていたのですがなかなか思うように身体が動かず彼とプランナーの方に任せて、打ち合わせの部屋にあるソファで横になり二人の話を聞いているだけしか出来ない事も何度かありました。

スタッフの方に肌掛けを貸してくれたりグレープジュースを持ってきてくれたりと色々気遣っていただき、人の温かさが身に沁みる時間でした。

つわりから回復し、ついに私、本領発揮!

10月下旬になるとつわりも収まり、ようやく本格的に打ち合わせに参加出来るようになりました。

私の職業はグラフィックデザイナーです。なので、自分の結婚式の招待状やウェルカムボードや座席カードなど、自分でデザイン出来る事は自分で製作したいという願望がずっとありました。

さらに私と夫はファイナルファンタジーという共通の趣味のゲーム繋がりで知り合ったため、それをテーマにした結婚式にも憧れていました。

なので今から自分で出来る事はやらせてもらおうと、無理のない範囲で夫やプランナーの方と相談して、毎日夜な夜な製作に勤しむ始まりました。

そして報徳二宮神社 挙式当日を迎えました!

挙式当日は、プランナーの方が言っていたとおり真冬なのにも関わらずとても暖かく秋の小春日和のような天候に恵まれたので、ゲストの方々にも寒い思いをさせずに済んでまずは一安心出来ました。

その後も神聖な神前式からガラス張りの広間での披露宴に順調に進み、親戚よりも友達をたくさん招待したアットホームな式だったため会場も同窓会のような雰囲気に溢れ、とても和やかで楽しいひと時を過ごす事が出来ました。

会場にBGMとしてさりげなく流したファイナルファンタジーのオルゴール曲やウェルカムボードの横に置いたキャラクターのぬいぐるみに気付いてくれた友達が盛り上がったのも嬉しかったです。

こうして想い出深い式を挙げることが出来て、今だに当時の写真を見ては楽しい気分に浸っています。

また神社での挙式はその後の子供のお宮参りや七五三の際にも同じ場所でお祝いをする事が出来るのがとても良かったと思っています。