ホテル横浜ガーデンで笑いあり涙ありのオーソドックスな結婚式を

「派手じゃない控えめな結婚式がしたい」
結婚式をするにあたって最初に決めるのが式場です。私はできれば控えめな結婚式がしたかったんです。

言葉にすると難しいのですが、広々とした豪華な式場というよりは、こじんまりした、でも人を十分に呼べる空間のある式場を探していました。

よく、友達の結婚式で会場に着いたはいいけど、同じ日に結婚式を挙げる人がたくさんいて人がごった返すというような式場は嫌だなと常々思っていました。

チャペルもできれば爽やかな感じが良いなと思って探していました。

そして見つけたのがホテル横浜ガーデンでした。

 

 

横浜ガーデンは、割とこじんまりしていて、実際私が挙げた日も、同じ時間帯はもう一組しかいませんでした。

そしてチャペル。最上階にチャペルがあるのですが、壁も椅子も全てが真っ白ですごく爽やかな感じが気に入りました。

ホテル横浜ガーデンの結婚式はまさに笑いあり涙あり

結婚式当日は想像していたよりもあっという間で、そしてとっても楽しかったです。

私より先に結婚式をしていた友達は、式当日にこんなことをしていたんだなぁと感慨深く思いました。

挙式ではチャペルに入るとき、父が一礼するのを忘れてしまったり、ドレスが重くて前に進めなかったり。私が誓いの言葉を間違ってしまったりして笑いがおこったりしました。

親族側は緊張しまくりでしたが、参列者の暖かい見守るような表情を見ていると自然と涙が溢れました。

そしてホテル横浜ガーデンの披露宴

入場のスタンバイができてから、オープニング映像を流してもらったのですが、そこで笑いが起きていて良い感じに会場が暖まったと思います。入場と同時に当たるスポットライト。

全く前が見えなくてどこに誰がいるのか分からない。みんなこんな経験してたのかーなんて思ったりしました。

祝辞では新郎側も新婦側も話がうまくて、結婚式が終わった後も、色んな人から祝辞が良かったと言われます。

ファーストバイトも夫婦の趣味をからめた変わったファーストバイトをしたので盛り上がったと思います。式場のスタッフさんにも協力いただいたので感謝しています。

その後も友達のスピーチが面白かったり、サプライズムービーがあったり。色んなところで笑いが起きていてほっとしましたし嬉しかったです。

最後は感謝の手紙を読み、参列者には泣いていただき笑、お義父さまからの挨拶がまた面白く、その挨拶は今でも参列した方の間で話のネタになるくらいです。とにかく笑って泣いて、楽しい結婚式を過ごすことが出来ました。